少年亜武(あぶ)

少年亜武(あぶ)1

7才の少年・亜武(あぶ)は
千葉県銚子市にある
犬吠埼に立っていた。
.
亜武はつぶやいた
「この沖にムー大陸が
あったんだ」。
.
父・輝(てる)から聞いている話しでは、
.
約12,000年前、
子供・女性を生け贄にする
悪魔崇拝をしていたムー帝国が
.
同じく悪魔崇拝をしていた
アトランティス帝国と戦争し
.
それらを見ていた
神様が激怒し
大陸を呑み込む大津波により
一夜のうちに
両帝国とも海底に沈んだ
ということだ。
.
いま見ている海岸に
打ち付ける波は静かだ。
.
そんなことが
この海・犬吠埼の先で
あったとは………
.
そういえば
父・輝は言っていた。
.
「テレビのニュースで
沖縄・与那国島沖で
海底遺跡があると、
ダイバーの間で
話題になっている」
.
ネットで調べてみると
「1986年、
地元のダイバーが
与那国島の南側の海底に
巨大な階段構造の遺跡跡らしい
ものを発見し『遺跡ポイント』と名づけた。
.
その後も
発見したダイバーによる
調査が続けられ、
.
1995年1月1日付
『琉球新報』が報じ
地元紙に
大きく取り上げられた。
.
また1992年以降、
琉球大学 理学部 教授 木村政昭
を中心とし調査が行われ
.
1998年、
沖縄県文化局に
『遺跡発見届け』を提出したが
.
同局では
『人が関与した痕跡があると
判断できない』とし
遺跡として認定していない」
と書かれている。
.
ネットで
与那国島 海底遺跡の写真を見た
亜武は
.
どう見ても
海底遺跡にしか見えず
沖縄県の見解には
納得できなかった。
.
そんなことを考えながら
亜武はもと来た道を
15分かけて歩き
.
銚子電鉄 犬吠駅の切符売場で
180円切符を買い
上り線ホームに行った。