2019年1月25日 未分類 0

神様の裁きは厳しいです。

 

神様は早急に裁くのではなく、

やろうとすること全てがうまくいかないようにしてしまう

裁きをされます。

 

やろうとすること全てがうまくいかなくなった時、

神様に裁かれたと気付き、

神様の愛を求めて、

罪を悔い改め、神様に従うと決心して生きなければなりません。

 

心の底から、悔い改め、生き方を変えれば、

神様は許して下さいます。

 

いまは最後の審判の時です。

神様は全人類を、

神様の御言葉に従順な羊と不従順な山羊に分けられています。

 

少数の羊は天国に迎えられ、

大多数の山羊はサタンによって地獄へ連れて行かれます。

 

神様は心の全てを見られています。

神様に隠し事はできません。

 

神様の裁きが下る現在、

心を頑なにして、

自分の考えを押し通してはいけません。

 

聖書に書かれてある通り、

心頑な山羊たちは、

神様に厳しく裁かれてきました。

 

神様の裁きの基準は、

RAPT氏を通じて宣布される御言葉です。

御言葉は聖書の聖句を基本とし、

この時代に相応しい新たな基準です。

 

自分勝手に判断し、自分勝手に満足して

善悪の判断をしてはいけません。

 

自分勝手な判断は、

各人の家庭環境、教育環境等、

その人の育った環境の中で培われたものです。

その環境はサタンが用意したものであるといっても

過言ではありません。

 

判断基準はあくまでも、

聖書であり、御言葉なのです。

 

神様のことを愛し、

神様と同じ考えと基準で生きなければ、

天国に迎えられることはありません。

 

2,000年前に書かれた聖書の聖句は、

神様の御言葉です。

その御言葉は現在でも生きています。

しかし、2,000年前と現在では、

文明の発達等、人類の置かれた環境は遥かに違います。

 

いま神様はRAPT氏を通じて、

聖書の解説を含め、

現在の時代に合った御言葉を宣布されています。

 

RAPT氏を通して宣布される御言葉を読まなければ、

いま神様が何を感じ、何を考えておられるのかがわかりません。

 

是非ともRAPTブログ、

そしてラプト有料記事を読まれることをお勧めします。

 

参考文献

RAPT「RAPT有料記事345(2019年1月21日)主はご自身の御心を成そうとする者だけを

祝福するのであって、主に反逆し、主の御心を成そうともしない者を祝福することはない」

(閲覧日:2019年1月21日)。

RAPT有料記事345(2019年1月21日)主はご自身の御心を成そうとする者だけを祝福するのであって、主に反逆し、主の御心を成そうともしない者を祝福することはない。