異性の罪は、最も重い罪です。

 

神様が一番嫌う罪であり、

実際、もし異性の罪を行ったら、

神様はあなたから離れていきます。

間髪を入れずに、サタンがあなたを支配します。

 

イエス様が宣教されたことによって、

旧約の時代から約2,000年間の新約の時代に人類は入りました。

RAPT氏が神様から時代の中心者に選ばれ、宣教されたことによって、

現在、成約の時代に入っています。

しかし、RAPT氏を通して宣布される神様の御言葉を知らない人々は、

新約の時代のまま生きています。

 

いまRAPT氏は日本に在住し、日本語のみで御言葉をネットで伝えています。

少数ですが、この日本では同氏が伝える神様の御言葉を読み、信仰を持つ人が増えています。

日本語がわからない海外の方々は、現在、御言葉を読むことができない状態になっています。

 

旧約の時代は神様と人間の関係は、主人と召使いのような主従の関係でした。

新約の時代にイエス様が三位一体様の御子様の次元にまで昇られたため、

神様と人間の関係は親子の関係になりました。

いま現在、RAPT氏が神様の花嫁、恋人の関係にまで昇られたため、

神様と人間の関係は、神様の恋人、花嫁の関係になりました。

 

つまり、RAPT氏が伝える御言葉を知らない人々は、

キリスト教の信仰を持っていても、神様とは親子の関係を求められていることになります。

親子の関係とは、子供から見て、親のことはまだわからないことが多いです。

しかし、恋人、夫婦の関係は、お互いのことがよく分かり合える関係になります。

 

神様はいま人間に神様の恋人、夫婦の関係になることを求められています。

それゆえ、神様はRAPT氏を通じて豊かに御言葉を宣布されています。

それは神様がご自分の心情、考えを人間にわかって欲しいからです。

 

神様は架空の存在ではありません。

また各人が想像される様々なイメージのような方ではありません。

神様は霊として存在し、確固とした心情、考えを持っておられます。

その神様の心情、考えを知って、自分の心情、考えを神様に合わせることが必須となります。

そうでなければ、各個人が勝手にイメージした神様を信仰することは、

架空の神様を信仰することになり、

つまり偶像崇拝になり、それはサタンを崇拝することに繋がります。

サタンの心情、考えとは、神様の心情、考え以外のものだからです。

 

今この時代に救われるには、

RAPT氏を通して宣布される神様の御言葉を読んで、

神様の心情と考えをしっかり知る必要があります。

 

あなたが救われるために、

またあなたの大切な人を救うためにも、

RAPT氏が伝える神様の御言葉を読んで下さい。

 

参考文献

RAPT「RAPT有料記事345(2019年1月21日)主はご自身の御心を成そうとする者だけを

祝福するのであって、主に反逆し、主の御心を成そうともしない者を祝福することはない」

(閲覧日:2019年1月21日)。

RAPT有料記事345(2019年1月21日)主はご自身の御心を成そうとする者だけを祝福するのであって、主に反逆し、主の御心を成そうともしない者を祝福することはない。