Home

コロナパンデミックは

創価学会による捏造だとわかりました。

コロナパンデミックは

カルト「大本教」創始者

出口王仁三郎によって

計画され、創価学会が引き継ぎました。

オウム事件、JAL123便、豊田商事事件など

戦後、世間を賑わせた事件は

殆どが創価学会・池田大作が黒幕でした。

出口王仁三郎は上田家出身で

上田家がイルミナティの中心です。

その上には天皇家がいます。

彼らはサタン(悪魔)を信仰し

空海で有名な真言密教も同じ系列です。

誘拐してきた赤ちゃん、子供、女性を

生贄に捧げ、

しかも残忍な方法で苦しめるだけ苦しめた後、

殺害し、食べています。

ムー文明、アトランティス文明を

密かに引き継ぎ、

UFO、人工地震、人工台風など

様々な悪事を働いています。

存在しないガン、存在しない放射能などを

マスコミを使って宣伝し、

世間にありもしないことを

信じ込ませ、自らのビジネスとしています。

イルミナティのトップは天皇家であり

その天皇家の側近が旧皇族たち

麻生太郎、ロスチャイルド家

創価学会の最高幹部たちです。

彼らはサタン(悪魔)を神と信じ込み

サタン(悪魔)崇拝をしています。

真言密教もその一つであり

彼らは地下施設で生贄儀式や乱交儀式、

LGBT、麻薬などを行う精神疾患者たちです。

覚せい剤、麻薬などがなくならないのは

故安倍晋三の従兄妹・横田めぐみの息子で

天皇家の親戚である金正恩・北朝鮮が製造する

覚せい剤などが米軍・横田基地経由で運ばれ

暴力団が売りさばき

その元締めである創価学会が

マネーロンダリングをしているからです。

横田めぐみ由来の横田基地の事実を

隠匿するために

日本政府から米政府に支払われているのが

思いやり予算です。

安倍晋三は死に、いまテレビに出ている人物は

安倍晋三の影武者です。

北朝鮮拉致事件も暴力団・住吉会が深く関わり

拉致被害者たちは北朝鮮の工作員たちです。

これらの事実にB層を除く国民たちは

気づきつつあります。

天皇家、旧皇族、麻生太郎

創価学会の最高幹部、暴力団の最高幹部らは、

在日・李家であり

この国・日本は

在日・李家の支配下にあります。

在日・李家は

中国・共産党を創始し

創価大学卒業・習近平とタッグを組み、

中国人、朝鮮人、韓国人の大量移民計画を

北海道をはじめ全国で実行しています。

在日・李家のルーツは客家であり、

そのルーツは

旧約聖書に登場するユダヤ人です。

ユダヤ人は

神様に反逆してきた歴史でもあります。

いま神様の言葉を預かる

預言者「RAPT」先生が

ネットで伝道されています。

新約聖書「ヨハネの黙示録」に書かれている

「最後の審判」の時がまさしく今です。

姿を隠していたイルミナティの存在が

現わになり、

そのイルミナティたちも多数に分かれ

トランプと習近平が争っているように

イルミナティ13家の内紛により

時代はますます混沌としてきました。

救いの道はただ真実の神様に従うだけです。

アダムとエバ、ノア、

アブラハム、イサク、ヤコブ

モーセ、イエス様など

聖書に登場した同じ神様が

「RAPT」先生を通して語られています。

どこの書店にも、ネットにも、

マスメディアにも

救いに繋がる道を

提示しているものはありません。

「RAPT」先生

および「RAPT」先生を証している

人たちが語る言葉のみが救いに繋がります。

あなたを救うために、

あなたの大切な人を救うために

ホームページ「RAPT(rapt-neo.com)」を

見て下さい。

歴史の証人になり、

読書の皆様が救われることを

切に願っています。

-PAUL-